セラミック治療

自然な白さで長持ちする「セラミック」

自然な白さで長持ちする「セラミック」セラミックとは、白く美しい陶製の素材です。金属ほど硬質ではなく、周囲の歯を傷つけません。また、金属アレルギーの心配がありません。
当院の審美歯科ではセラミックを中心に使用、美しく、健康なお口を目指します。

セラミック治療のメリット・デメリット

メリット

  • 天然歯に近い色調、質感を再現できます。
  • ご希望の合わせた白さに調整できます。
  • 汚れやプラークが付着しにくく、虫歯・歯周病の予防になります。
  • 劣化しにくく、長期にわたってその機能が維持されます。
  • 着色しにくく、白さが長く保たれます。
  • 金属のような、歯や歯ぐきへの悪影響の心配がありません。
  • 金属アレルギーの心配がありません。

デメリット

  • 保険適用外であるため、費用が高額になります。
  • 金属と比べると、瞬の衝撃に弱い素材です。転倒などによってセラミックを強く打ったときには、割れてしまうことがあります。

当院で扱う審美素材(白い歯)

クラウン(被せ物)

オールセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

人工ダイアモンドと呼ばれる「ジルコニア」という素材を内側に用いたオールセラミッククラウン

  • 天然歯に調和した白さ、質感を再現でき、見分けがつかないほどの美しさ
  • 耐久性に優れる
  • 親和性に優れる
  • 金属アレルギーの心配がない

e-max

  • オールセラミッククラウン
  • オールセラミッククラウン

e-maxシステムで作製されたオールセラミックククラウン
天然歯に調和した白さ、質感を再現でき、見分けがつかないほどの美しさ

  • 光の透過性、耐久性に特に優れる
  • 適度な摩耗性を持つため、周囲の歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がない

セラミッククラウン臼歯部用

金属を全く使わずに、非常に噛む力が強い奥歯(臼歯)でも十分な耐久性と審美性

  • 耐久性に優れる
  • 親和性に優れる
  • 金属アレルギーの心配がない

メタルセラミッククラウン

  • メタルセラミッククラウン
  • メタルセラミッククラウン

内側を金属、外側をセラミックでつくるクラウン

  • オールセラミックほどではないが、十分な美しさを再現できる
  • 耐久性に優れる
  • 金属アレルギーの方は使用できない

インレー(詰め物)

セラミックインレー

セラミックを用いたインレー

  • 天然歯に調和した美しさを再現
  • 金属アレルギーの心配がない
ハイブリッドセラミックインレー

セラミックと歯科用プラスチックを混合してつくるインレー

  • セラミックインレーと比べると少し質感が落ちるが、それでも十分に美しい仕上がり
  • 金属アレルギーの心配がない

コア(土台)

被せ物を取り付ける際は、残った歯にまず土台を設置して、それから被せ物を取り付けます。この土台が「コア」です。

ファイバーコア

ファイバーコア通常は黒っぽい金属のコアを使用しますが、代わりに白い素材の「ファイバーコア」を使用することで、セラミックなど透明感のある被せ物の審美性がより際立ちます。身体にも優しい素材であるため、セラミック治療を行う場合にはファイバーコアの使用をおすすめします。

ラミネートベニヤ

  • ラミネートベニヤ
  • ラミネートベニヤ

天然歯の表面を薄く削り、そこにセラミックを貼りつける方法

  • 比較的短期間で、歯の表面を白く美しくできる
  • 前歯の形を多少整える(隙間を埋める等)ことができる

ダイレクトCR修復(自費)

  • ダイレクトCR修復(自費)
  • ダイレクトCR修復(自費)

前歯で大きく欠けた歯(1/3程度までが限界)に対して、特殊CRを何色も使用し、歯の形、色を再現します。

臼歯CR修復(自費)

  • 臼歯CR修復(自費)
  • 臼歯CR修復(自費)

臼歯の虫歯であっても、それほど大きくなければコンポジットレジンによる修復が可能です。歯の削除量を抑え、違和感なく、美しく仕上げます。

CR修復(保険適応)

  • CR修復(保険適応)
  • CR修復(保険適応)

虫歯を削った箇所に、ナノフィラーコンポジットレジンという素材を充填し、特殊な光を当てて固めます。従来の素材と比べ、艶、強度に優れています。

歯の着色汚れを除去「ティースクリーニング」

コーヒーやお茶、喫煙などによる歯の着色を除去し、白い歯を取り戻します。
虫歯や歯周病、口臭の予防にもなります。

歯の黒ずみ除去「ウォーキングブリーチ」

  • 歯の黒ずみ除去「ウォーキングブリーチ」
  • 歯の黒ずみ除去「ウォーキングブリーチ」

虫歯治療や外傷で歯の神経が死んでしまうと、その歯が黒くなってしまうことがあります。
こういった場合に、歯の内側から漂白するのが「ウォーキングブリーチ」です。ほとんどのケースで、薬を2、3回交換すれば、周囲の歯と変わらない白さになります。

健康的なピンク色へ「歯ぐきのメラニン除去」

  • 健康的なピンク色へ「歯ぐきのメラニン除去」
  • 健康的なピンク色へ「歯ぐきのメラニン除去」

歯ぐきに沈着したメラニンを、レーザー照射によって取り除きます。
短時間の照射を3回ほど行えば、ピンク色の歯ぐきになります。