予防歯科

あらゆるリスクを想定し、多角的な視点で検査・予防

当院の予防歯科

定期的なメインテナンス

当院では、治療後の定期的なメインテナンスで、むし歯や歯周病の再発予防に力を入れております。
治療の予後観察はもちろん、お口全体のむし歯、歯周病予防を継続して行うことが大切です。

カリエスリスクテスト

「正しくブラッシングしているのにむし歯ができる」「子どもにはむし歯ゼロであってほしい」という場合におすすめします。
むし歯菌検査や唾液検査により、リスクを知り、患者様に合った予防方法を提案いたします。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル ツゥース クリーニング)

ミュータンス菌(むし歯菌)は、歯面にバイオフィルムという膜をつくります。むし歯や歯周病の原因となるこの膜は、通常のブラッシングでは除去しきれません。
PMTCは歯科の特殊な器具を用いてバイオフィルムを徹底的に取り除く、歯科クリニックでしかできない治療です。

3DS(デンタル ドラッグ デリバリー システム)

患者様に合わせてつくるマウスピースに、抗菌剤、フッ素などを入れて、数分間装着。歯に直接薬を作用させ、むし歯菌を除去します。

レーザーによる歯質の強化

フッ素の浸透を促すレーザーを照射し、歯質を強化します。

ナイトガード

歯の食いしばり・歯ぎしりは、歯の表面を摩耗させ、場合によっては欠けることもあります。
患者様に合わせてつくったナイトガード(マウスピース)を睡眠時に装着し、歯を守ります。

バクテリアセラピー

疲労時に歯ぐきの腫れや肩こりが起こりやすいという方におすすめです。ドロップやタブレットを飲む手軽な方法で、体内の善玉菌の数をコントロールします。

デンタルサプリメント

歯ぐきが腫れやすい、口内炎ができやすい、という方におすすめします。免疫力を向上させ、口内、体の健康を維持します。

口臭対策

むし歯、歯周病、舌苔など口臭の原因を検査・測定し、改善対策をご提案します。

唾液分泌促進

唾液は、口内の健康、むし歯予防に大切です。口が乾きやすい、ねばつくなどの問題を改善していきます。

位相差顕微鏡による「歯周病検査」

光の性質を利用した特殊な観察方法で、歯周病菌の数や種類を知ることができます。
歯周病の影響は口内に留まらず、全身を巡り、心疾患や糖尿病、早産の要因のひとつとなる可能性をはらんでいます。適切な予防計画を立て、お口と体の健康を維持します。

デンタルドック

「口内に異常があるかないか」だけでなく、「リスクがどれほどあるか」ということを、むし歯や歯周病、咬み合わせにおいて包括的に診断できるのがデンタルドックです。
患者様一人ひとりに合ったオーダーメイドの予防・治療計画を提案することができます。
※検査自体は1時間程度で終わります。
※1週間後、検査結果報告のためご来院して頂きます。

デンタルドックの流れと検査項目

Step1カウンセリング

最初に医師があなたのお悩みやご要望を聞きながら歯科ドックについての説明もさせて頂きます。
その後、お口全体の検査に入ります。

Step2レントゲン検査

神経の状態、歯周病の状態、詰め物の中や歯と歯の間の虫歯など肉眼では見えない部分をチェックします。

Step3むし歯の検査

ダイアグノデントは、発見が不可能な歯質変化を見つけることができるむし歯診断の機器です。

Step4位相差顕微鏡による歯周病検査

位相差顕微鏡 を使用して口腔内細菌の種類や量などを観察します。

Step5カリエスリスク検査

唾液の量やむし歯の原因になる細菌数を調べます。

Step6口臭検査

口臭を数値にして測定します。

Step7歯列、咬み合わせチェック

Step8検査結果

1週間後に各項目の検査結果を元に現在のお口の中の状態をご説明致します。
その後、症状や状態に合った治療を行ないます。
不明な点があれば、医師にご相談下さい。

お一人お一人に検査結果のシートをお渡しし、口腔内の現状をお話し、今後の治療計画をご説明させて頂きます。
ご不明な点があれば、ご相談下さい。

デンタルドックの費用

デンタルドック費用 15,000円~

(個々の症状によって多少異なります)

お子さまのむし歯予防

フッ素塗布

高濃度のフッ素を直接歯に塗布し、歯質を強化します。
乳歯列期や混合歯列期に開始することで、大きな効果が期待できます。定期的に(1年に3~4回)行うことで、効果がより高まります。

シーラント

むし歯リスクの高い歯の溝をフッ素で埋めることで、食べかすやプラークの付着を防ぎます。

ご自宅でのケア

正しいブラッシング方法をアドバイス致します。また、ご自宅で使えるフッ素ジェル、フッ素入りの歯みがき粉などを使って、効果的にむし歯予防を行います。

一般歯科

「M.I.」を実践する当院のむし歯治療

「M.I.」とは「Minimal Intervention」の略であり、日本語にすると「最小限の侵襲」ということになります。つまり、治療に本当に必要な分だけを削り、歯をできるだけ多く残し、歯の寿命を延ばすことを大切にする考え方です。
M.I.の治療において非常に重要な役割を果たすのが、「ダイアグノデント」です。歯に当てた光の反射を計測することによって、肉眼では確認できないほどの小さなむし歯を見つけることができます。小さなむし歯であれば、それだけ小さな侵襲(削除)で治療が済むということですので、天然歯をより多く、より長く残すことへと繋がります。

side_inq.png